BlueLoungeのケーブルボックスで配線をかくす


bl-cb6

ケーブルボックスを使用する前の状態です。見た目も悪いですが、このまま放っておくとホコリも絡まってしまい最悪な状態になります。


bl-cb7

拡大してみると、こんな感じです。電源タップを2つ使用しています。


bl-cb8

ケーブルボックスに入れていきます。 幅40cm×奥行き15cmあるので電源タップ2つ入れても余裕で入ります。工夫しだいでは3つ入るかも?


bl-cb9

配線をボックス内に収めて、蓋を閉め、完成です。キレイに収まりました。
ケーブルが露出してしまっているところがありますが、きれいに束ねてあげると見た目が良くなるはずです。

良い点

ケーブル類がボックス内に収納されたことでホコリがたまりにくくなり、掃除も楽になりました。フタの上にルータやハブ等を置くのもいいかもしれません。
ボックス本体の質感も良く、バリがなく、歪んだりもありません。デザインもシンプルで、左右の配線用の穴以外は塞がっています。
難燃性の素材を使っているとのことなので、安心です。

悪い点

少々値段が高いです。3000~4000円くらいします。
他社の類似商品もありますが、上に穴が開いていたり、不要なところに配線用の穴が開いていて微妙なのでBlueLoungeの製品を購入しました。
カラーはホワイトとブラックはほとんどのお店にあるのですが、一応ブラウンや木目調も売っているらしいです。(限定カラー?) なので基本色をもっと増やして欲しいですね。(ケーブルボックスミニは様々な色があります)

 

値段さえ目をつぶれば、満足度の高い商品です。見た目がスッキリするだけでなく、掃除がしやすくなり、ホコリがタップに付着することが無くなるので火災を防げる安心感はあります。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。