東芝エアコンJDRシリーズを購入&設置しました。


RIMG0322.jpg
10年以上も使っていたエアコンにとうとう、冷房が効かなくなってしまったりカビが頻繁に繁殖してしまったりと限界な部分が目立ってきたので東芝製のルームエアコン”大清快JDRシリーズ”を購入しました。
詳細は以下から。
BlogRanking


RIMG0317_20110704221514.jpg
長年使用していた東芝製のルームエアコンです。
ホース部やエアコン内部にカビが生えてたりしていました。ダスキンで掃除してもらうのも良い方法なのですが、カビだけではなく冷たい風が吹いてこないという事もあり、新しいエアコンの購入に決意しました。
RIMG0307_20110704221516.jpg
96年製の東芝のエアコンです。
個人的に、東芝はあまり好きではないのでダイキンの”うるるとさらら”を狙ってましたが、下部との高さが狭くルーバーが当たってしまうらしく仕方なく東芝製を選びました。
ダイキンやパナソニックの最上位クラスのエアコンだと、ルーバーがかなり伸びるそうです。

パワーが強い最上位クラス、JDRシリーズを選択しました。
RIMG0315.jpg
2週間待ってようやく届いた室外機と室内機。
この日を首を長くして待っていました。
RIMG0316_20110704221657.jpg
室外機が大きくてビックリ!
RIMG0318_20110704221513.jpg
業者さんに、天井に吊り下げてあった室外機を取り外して貰いました。
上部に固定されている部分に限界が来ていたそうで危険だったそうです。
RIMG0320_20110704221511.jpg
古いエアコンを取り外すとフレームが出てきました。
RIMG0319_20110704221510.jpg
新しいエアコンの開封です。前のと比べて奥行が倍あるのが驚きです。
RIMG0322.jpg
エアコンの取り付けはすぐに出来ました。
ここから外にホースを繋ぐ等で時間が少しかかります。
RIMG0001.jpg
配管カバーも取り付け1時間弱で完了です。
工事費はエアコン本体に含まれていて、配管カバーのみ別途費用がかかりましたが、室内&室外で16,000円です。
RIMG0314_20110704221654.jpg
こちらが室外機。パワーが強いせいか、冷房時には熱風がものすごく吹いてきます。
RIMG0321.jpg
右が以前のリモコン、左がJDRのリモコン。
重さが結構ありますが、画面が大きく分かり易いです。
「停止」「おまかせ自動」ボタンは蛍光になっていて暗い所でも光ります。
主に使うボタンなので便利です。
RIMG0323.jpg
ルーバーの横にあるのはエアコンの情報が表示される部分で、電源が入っていない状態だと分かりませんが、電源を入れると光って表示されます。
こちらが「パワー」表示。
RIMG0324_20110704221726.jpg
「現在の電気代」
RIMG0325.jpg
「1時間あたりの電気代」
RIMG0326.jpg
「室内温度」
RIMG0327.jpg
「風力パワー(5段階表示)」
使用してみての感想
急速(風量最大)にすると風の音がものすごくうるさいですが、普段は自動にしているのでまったく音は気になりません。
電源OFFにすると毎回自動でフィルターお掃除してくれるので便利。
タイマー設定も画面上に詳しく表示され大変見やすいです。
リモコンの「お知らせ」を押すとエアコンから情報を受信し、今月の電気代(目安)、CO2排気量などが確認出来るので安心です。
冷房(風量自動)では平均的に400W位ですが、涼風運転にすると平均50W位に済むので寝る時に連続使用しても全く電気代が掛かりません。
冷房に比べるとやや冷たい風が控え気味ですが、外の風よりは涼しいので問題ないです。
本体デザインはごく普通でシンプルで、白い壁紙の部屋に掛けても違和感はありません。
・・・とまあ大雑把に説明しましたが大変気に入っております。
パナソニックやダイキンに比べて、あまり魅力のない東芝のルームエアコンですが、自動掃除機能、空気清浄機能、除湿と色々機能が付いていて、足りない面はありませんでした。
値段も他社に比べたら安いので買い時かもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。