BUFFALO ポータブルブルーレイドライブ「BRXL-PCW6U2-BK」を購入しました


今使用しているデスクトップPCでブルーレイドライブが無い為、価格の安かったバッファロー製 ポータブルブルーレイドライブ「BRXL-PCW6U2-BK」をアマゾンで購入しました。

詳細は以下から。
BlogRanking



BUFFALO BDXL対応 USB2.0用 ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PCW6U2-BKBUFFALO BDXL対応 USB2.0用 ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PCW6U2-BK


バッファロー
売り上げランキング : 98

Amazonで詳しく見る

 

 

 


価格.comをほぼ毎日見て、ちょくちょく値下がるのを待っていたら タイミングよくアマゾンでタイムセールを行っていたのでポチりました。
上記画像はタイムセール中(2013/5/27)のキャプチャ画像です。

 




まず、開封の儀からいきます。



外箱




内容物。 購入した「BRXL-PCW6U2-BK」ではACアダプターが付いてきますが、後継機の「BRXL-PC6VU2-BK」では付いてきません。





本体正面。




本体裏面。 あらかじめ装着されてあるUSBケーブルが約20cmと非常に短いです。
ケーブルは本体に固定されてなく、抜くことが可能なので、長いケーブルに交換する事が可能かもしれません。
また写真では見づらいですが、USBケーブル2本装着されています。片方はBoostケーブルというもので、ACアダプター無しで電力供給できるそうです。

 

 

まあ特に、外見に特別なものはありませんので次行きます。

USBケーブルをPCに接続すると同時に、ドライバが自動でインストールされました。
そして付属のソフトウェアをインストールして終了です。 


ドライブの型番をしらべてみると・・・
 

「パイオニア製 BDR-TD05」だというのが判明しました。 詳細は良くわからないですが、書き込み時に安定したドライブである事を祈ります。



付属ソフトウェアにブルーレイやDVDが再生可能な「PowerDVD 10」がありましたので少しお得感が少しありました。
この「PowerDVD 10」は、ブルーレイレコーダー等でテレビ番組を録画したAACS/CPRMに対応したソフトウェアなので問題なく再生が出来ます。
Windows版のみしか付属ソフトウェアはありませんが、このドライブ自体はMacで認識してくれます。なのでMacでブルーレイ等を再生するには、有料ですが「Macgo Mac Blu-ray Player」など別途再生ソフトウェアが必要になります。
ディスク再生しかまだ試してませんが、再生時はディスクが回転する音が少しうるさいです。たまにですがBD動画再生時に、地デジでアンテナ受信が悪いときに発生するブロックノイズ風な感じに動画が乱れます。「PowerDVD」を再起動するとなおりますが、なんなんでしょうねコレ。
関係ない話ですが、ブルーレイ自体著作権保護でガチガチなので、再生時はWindows Aeroが停止したりとうっとうしいです。

私が購入した「BRXL-PCW6U2-BK」、接続端子はUSB2.0です。
同価格帯でロジテック製のLBD-PME6U3LBKはUSB3.0対応です。ただ、ACアダプター付属してないのと、BD再生ソフトが付属していない(公式サイトで確認出来ず)点があったので前者を選びました。



BUFFALO BDXL対応 USB2.0用 ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PCW6U2-BKBUFFALO BDXL対応 USB2.0用 ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PCW6U2-BK


バッファロー
売り上げランキング : 86

Amazonで詳しく見る
Logitec USB3.0対応 ポータブルブルーレイドライブ BDXLライティング付き 【USBバスパワー対応】 ブラック LBD-PME6U3LBK [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)]Logitec USB3.0対応 ポータブルブルーレイドライブ BDXLライティング付き 【USBバスパワー対応】 ブラック LBD-PME6U3LBK [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)]


ロジテック
売り上げランキング : 204

Amazonで詳しく見る

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。